東京都品川区にて弥勒菩薩像(ブロンズ)をお売りいただきました

おはようございます。

本日品川区にて入荷しましたお品物をご紹介致します。

DSC00766 DSC00770

松久宗琳作 弥勒菩薩になります。

仏師 松久宗琳 略歴

大正15年 仏師・明琳の長男として京都にて生まれる

昭和14年 仏画師を志し日本画を学ぶ

昭和16年 父・明琳の薫陶により仏像彫刻の道に進む

昭和37年 父・明琳と相携え京都仏像彫刻研究所を創設

昭和38年 大阪・四天王寺の仁王像制作

昭和39年 第一回宗教美術展を開催、現在も継続開催

昭和44年 滋賀・延暦寺及び京都・鞍馬寺の三尊仏制作

昭和48年 宗教芸術院を創設

昭和50年 京都・大覚寺の五大明王像、愛媛・香園寺の

三尊仏像制作

昭和51年 京都・金閣寺の岩屋観音・四天王像、奈良・法華寺の

十一面観音像を制作

昭和53年 大阪・四天王寺大講堂の阿弥陀仏制作

昭和54年 大阪・四天王寺太子奥殿の聖徳太子象・四天王像、

滋賀・延暦寺総持院の五智如来像を制作

昭和59年 香川・善通寺に不動明王と弘法大師の屏風画奉納

昭和61年 京都・金閣寺の足利義満像制作

現在 京都仏像彫刻研究所所長、松久仏像彫刻会館館長

宗教芸術院院長、四天王大仏師、成田山大仏師、著書多数

この仏像の他にはブロンズの裸婦像などお売りいただきました。

快くお売りいただきまして本当にありがとうございました。emoji206.gif

 

 

 

 

 

トラックバックURL